RAMBO BANGOURA(ランボーバングーラ) 

西アフリカ・ギニア共和国コナクリ市出身。

アフリカの太鼓を自由に扱い奏でることができる伝道師・ジャンベフォラ(ジェンベ奏者)

フランス在住の有名なジェンベ奏者 Duwagne Minkall (ドゥワイエン)を父にもち、彼の指導のもと5歳から本格的に音楽をはじめ、10歳ごろにはプロミュージシャンとして活動、ギニア国内で有名な劇団に所属しさまざまなパフォーマンスやお祭りに引っ張りだこのジャンベソリストである

2012年に来日して以来、名古屋を中心に日本各地でワークやライブを展開。幼稚園から高校まで様々な学校公演や和太鼓とのコラボ共演など幅広く演奏、日本とアフリカを繋ぐ国際交流に貢献しているドラムのクラスでは笑顔で丁寧な彼の教え方にはとても定評がある。スバ抜けたスピード、若くして豊かなセンス、華麗なるテクニック、陽気な性格の持ち主。彼そのものがまさにリズム!

 

Biography - Rambo Bangoura
Born in Conakry, Guinea, Mr. Bangoura is a professional djembe master who began to play at the age of 5.  His father, Duwagne Minkall bangoura ,a well-known djembe player in Conakry, taught his son the art of his craft.  Mr. Bangoura has played as the main soloist for "Ballet Wassa" and "Azica Dance", famous groups in Guinea.  In 2012, Mr. Bangoura set base in Japan where he started developing workshops and giving performances. His technique, speed, and drum sense are extraordinary and make him part of a elite group of musicians.

 

NANA  African Dancer&西アフリカ案内人

名古屋在住。2児の母。自身も半分アフリカン化か⁉︎笑

イギリス留学時代に出会ったアフリカ音楽やダンスに魅了され、1999年に初めて西アフリカを訪れて以来、2004年以降ほぼ毎年現地ギニアに出向き、本場のダンスや音楽の修行を重ねている。彼らの文化や習慣に共感&リスペクトし共に生活を続ける。小柄ながらみなぎるパワーと笑顔溢れるダンスは魅力的。日本でアフリカンミュージックや文化を普及するため、アフリカンパワーで笑顔と元気を届けるため、東海地区を中心に精力的に活動中。

アフリカの布 パーニュのお店☆FARAFINA☆を運営し、現地テーラーに仕事を提供したりhttp://farafinashop.jimdo.com/)、ギニアで小学校や孤児院の普及プロジェクトに携わるなど長年に渡り西アフリカの発展をいろいろな方面から支援・サポートしている。

Rambo's New Group "Mounafanyi"

Mounafanyi(ムナファニィ)
→ギニア・スス語、日本語では「良いこと!」という意味をもつ。2015年、ジェンベ奏者Rambo bangouraが東海地区の凄腕メンバーと集結して結成した西アフリカンミュージックとダンスのグループ。Ramboの奏でる太鼓はどこまでも響き、伝統的なリズムに斬新なクリエーションを織り交ぜ、度肝抜かれるスピードやテクニックを披露。魂まで揺さぶられる音とダンスにからだもこころも解放される。アフリカン音楽の素晴らしさを堪能できます!

ダイレクトにMounafanyi(良いこと!)をお届け‼︎

メンバー Rambo, Hirose, Soh, Shimo, Nana